学校法人 伝香寺学園 いさがわ幼稚園
幼稚園について 保育時間 入園案内 年間行事 幼稚園のあれこれ 在園の方専用 伝香寺
伝香寺 本堂(重要文化財)

天正13年(1585)8月11日 順慶法印一周忌に建立された仏殿。三間四方で、向拝虹梁の錫枝彫、内陣の須弥壇等を除き、殆ど和様の様式を持つ。近世の遺構が余り多くない奈良においては、建立年代の明確な桃山時代の建築物である。
本尊 釈迦如来坐像(奈良市指定文化財)

光背の★ 正面に「なら下御門 宗貞大仏師作」の墨書がある。
豊臣秀吉が発願し、京都方広寺の大仏を完成させたことで名高い椿井仏師「宗貞」の作であることが知られる。更に台座框に「西卯月廿一伝光御云々」とあり、本堂と共に造立されたと考えられる。
地蔵菩薩立像(重要文化財)

裸形像として造立されているため、通称「はだか地蔵尊」として、親しまれている。胎内納入品の願文により、安貞2年(1228)の年記が認められ、比丘尼妙法、唯心らによって発願された春日社の本地仏であることが判明した。元、興福寺延寿院の本尊。
十一面観世音菩薩立像(重要文化財)

地蔵菩薩立像の胎内仏、頭上面より台座までを、白壇の一材から彫成している。小品ながら丁寧な作技ををみせ、時代の特色もうかがわれる。納入の経緯・趣意も明確で、胎内納入仏の諸例中、最も注目すべき作品であるとされる。
碧瑠璃舎利壺(重要文化財)

地蔵菩薩立像の胎内納入品。レース編みの袋に入れられ、壺中に仏舎利三粒と、薬師如来坐像が納められていた。宋時代の碧瑠璃色も鮮やかなガラス製舎利容器で、東洋的な器作りの形態をなしている。
南無仏太子像(奈良県指定文化財)

胎内に蓮実舎利容器を篭め、経筒に真言呪を納入している。頭は円頂、上半身は裸で、紺の袴を裾長く着け、正面に向かって合掌して立つ童形像である。筒井一族追善のため、島左近が奉納したと伝える。
このページのトップへ